四條畷市商工会は地元商工業者さんをお手伝いをしています。どんどんご活用ください。

  • HOME
  • > 四條畷市商工会の組織について

事業方針 ・・・ 四條畷市商工会 会長 上村 一彦 (平成30年5月22日)

内閣府は平成30年3月の月例経済報告において、「景気は、緩やかに回復している。先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待される。ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。」と発表しました。

中小・零細企業においては景気回復の感はなく、事業主の高齢化に伴う「廃業」、「事業承継」という案件が増加していく傾向にあります。管内事業所も廃業が増加する中で、経営支援も「事業承継」「創業支援」が中心となってきます。

平成30年度も「個別支援」と「地域活性化」を2つの柱と位置づけ、税務、経理、労務、販路開拓等の支援や“商工まつり”を主とした地域活性化事業の実施、会員間交流を深めるため、“視察研修会”、“セミナー”、“交流事業”を継続して実施してまいります。

役職員共に管内事業所の収益向上のため邁進し、今年度も会員、関係官庁、諸団体の皆様のご協力をお願い申し上げます。

四條畷市商工会の組織図

設立時期 1970年3月に商工会設立登記 (当時会員数:656人)
所在地 〒575-0052 大阪府四條畷市中野3丁目5-23   ※アクセスマップはこちら
会長 上村 一彦
お問い合わせ先 お問い合わせページ をご欄ください。 

ご入会に関する情報はこちらをご覧ください。

四條畷市について

【四條畷市概要】

大阪市のベットタウンとして発展し、またJR東西線開通によって現在人口は増加しています。本市東部は関西文化学術研究都市区域に指定され、 田原地区では「パークヒルズ田原」のまち開きで、新市街地が誕生しました。清滝室池地区では、スポーツ・レクレーションの場として「緑の文化園」が開園され 、住む・学ぶ・憩う・働くなどの総合的機能を兼ね備えた複合機能都市に変貌しています。

【商工業の概要・資料】

本市の商業集積は、四條畷駅北周辺の楠公地区と忍ヶ丘駅周辺の岡山地区に形成され、これらの商業地域は地域社会に密着した身近なショッピングゾーンとして、市民の日常生活に一役かっています。 しかし今後は、ますます多様化・個性化する消費者のニーズに対応する快適でゆとりある商業施設づくりために、 商業者自らの意識の向上・組織化の強力な推進・地域商業集積としての連帯感の育成など、経営基盤の基本姿勢強化への自助努力が一層求められているところです。 工業面においては、金網と線材二次製品製造業が地場産業でしたが、昭和30年以降は中小の弱電関係の工場の進出が目立っている他、 国道163号、170号の整備によって新たな工場や倉庫の立地がみられます。しかし、その大部分が中小零細企業で占められており、 既存工業の振興については経営の近代化や労働力の確保など種々の問題が存在しています。 本市の将来を展望する長期的見地から、関西文化学術都市に関連した先端技術産業の研究・研修機関の誘致などの積極的な取り組みが課題となっています。

※ 写真:室池

四條畷市商工会は地元商工業者お手伝いをしています

商工会はこんなところです。

四條畷市商工会は、法律「商工会法」に基づき、 都道府県知事の認可によって設立された商工業者のための公益特殊法人です。 業種の違いや規模の大小を超えて、会員の提携により、 四條畷市商工業の発展と豊かなまちづくりをめざして、活発な活動を行っています。 また、市内商工業者をサポートするために様々なサポート・事業を展開していますので、 お気軽にお問い合わせ下さい。